« ツァイス好きは写真が下手なのか? | メイン | 中古という選択肢 »

2011/05/14

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

kasttbs

写真工業はおもしろかったんですが、残念なことに休刊になってしまいました。カメラ雑誌は軽薄短小なものばかりです。このジャンルも女子ブームになってから久しいですね。
ぼくも写真を撮っていた時期が長く、ホースマンやマキナ(日本製)を使っていました。カメラのドイ(ここも無くなってしまいました)が出したマキナは、日本で修理できるところが一ヶ所しか無く、故障すると大変でした。
今はもう手元にありませんが名機だったと思っています。

鍛冶哲也

ニッチな情報が検索で探せる。そして、探せばニッチな情報が結構、出てくる。というのは、本当にネットならではの利便性ですね。ほかの手段ではこうはいかない。必要な時に、必要な情報を捜すことができるネットは、革命的なツールなんだと思います。

MacBS

kasttbsさん、鍛冶哲也さん、コメントありがとうございます。

台数をそれなりにこなしてきたおかげで、大抵の機種は分解のコツが掴めるようになってきました。
ただ、貴重な情報も古いWebサイト様では消滅してしまうことも多々あるようです。
雑誌は古本で探せないこともありませんが、Webサイトは消えてしまうときびしいものがありますね。

マキナは非常に素晴らしいカメラだと思います。
中判のニッコールは格別のものがあります。

この記事へのコメントは終了しました。